トラックボール入門。果たして初心者でも扱えるのか?Logicool SW-M570レビュー。

最近使っていたマウスがお亡くなりになったので、新しいマウスを買おうとAmazonを眺めていたところ。

前々から気になってたトラックボールがセール対象になっているじゃないですか。

というわけでポチりました。

 

私が買ったトラックボールはSW-M570。

トラックボールユーザーの中ではもはや定番といっても良い製品です。

というか、トラックボールは種類が少なすぎて全種類トラックボール界隈では名が知れ渡っているよ!田舎の子供が村中に名前知られてるのと一緒!

 

レビューとともに、私のトラックボール入門についてお話します。

一日で慣れるし、快適

一日で慣れました。

はじめのほうはマウスに近い形状のせいで無意味に動かしてしまったり、変に親指を動かして「いてて」となってましたけど、すぐにコツを掴みます。

 

ボールの慣性のおかげで、親指を「ヒュッ」とするだけでカーソルを画面端まで動かせるんです。

ボールから指を話さなければ近距離の繊細な移動も可能です。

 

設定とかも特に私は必要ありませんでした。

画面サイズが小さい場合ははカーソルのスピードを遅くしたほうが良いかと思います。

私流トラックボール操作のコツ

私流になんとなく編み出したトラックボール操作のコツを教えます。

なお、この方法は親指で操作するタイプのトラックボール限定のお話です。

長距離移動はボールの慣性を利用

カーソルを画面の端まで移動させるときは、ボールの慣性を利用しましょう。

勢いよく回して指を離すと、その後も慣性でボールが回り続け、カーソルは見事に長距離移動。

これで何度も指を置き直したり、大きく指を動かすことなく、長距離移動が可能になります。

中距離移動はマウスホイールを回すように指先⇔指の腹

画面の半分くらいの中距離を動かしたい場合は、マウスのホイールを回すような動きが便利です。

親指でホイールを回してみて感覚を掴んでください。もしくは中指でボールを回して感覚をつかんでください。

 

説明すると、マウスホイールを回す動きは、ホイールを指先と指の腹の間で転がす動作です。

その動作でボールを回すと、カーソルの中距離移動にちょうど良くボールを回すことができます。

近距離の細かい移動は指の腹をピッタリボールにつける

メニューを選ぶときだったり、ボタンを押したり、繊細な動作の時はボールにぴったり指の腹をつけましょう。

こうすることでカーソルがあまり遠くまで動かず、親指の動きと連動した繊細な操作が可能です。

SW-M570のレビュー

初めてのトラックボールなので比較はできないんですが……

流石ロジクールといったクオリティです。

ロジクールのキーボード使用中で非常に満足しているのですが、それと同様に作りがしっかりしているように感じます。

 

あと青いボールがキレイ。(こなみ)

 

欠点はトラックボール初心者だとどうしてもマウスみたいに動かしたくなることですね。

この形状のおかげで握り易くて助かってるんですけど……どうしても。

手が小さくても大丈夫?

私は男性の中では手が小さいほうですが普通に使えています。

平均的な女性の手の大きさなら問題なく扱えると思います。女の人と手の大きさあんまり変わんないし。

 

見た目はごっついですけど、本体を動かさなくていいので手の小さい人にとってはかえってマウスより使いやすいかもしれません。