正直者の耳鼻科医が教えてくれたスギ花粉症の話

今年も花粉症がひどく、耳鼻科を受診していたのですが、今年かかった先生がとても正直な方でした。

普通なら病院に来てもらおうとするところを「症状が治まったら来なくていいよ」とおっしゃる正直ぶり……

その先生に花粉症についていろいろ教えてもらったので共有したいと思います。

スギ花粉の季節は春分の日からゴールデンウィークまで

スギ花粉の多く飛散する時期は春分の日からゴールデンウィークまで。

春分の日の前後あたりから症状が出始め、ゴールデンウィーク半ばで収まることが多いんだそう。

 

春分の日を過ぎると耳鼻科が混みだすので、少し早めに通院すると良いそうです。

また、ゴールデンウィークを目安に薬をやめてみてもいいかもしれません。

 

今回私は「スギ花粉だけならGWを過ぎれば治まるので、GWまで薬を出す。症状が治まれば来なくて良い」と言われました。

花粉症検査をしてもやることは変わらない

花粉症の検査をしても、薬を出すことしかできないので花粉症に対して検査をする意味を感じないと言っていました。

皮膚症状の出るものや食物アレルギーなら原因を特定したほうが良いのでしょうが、花粉症は避けようがないのでどちらにせよ薬で止めるしかないので、結果は変わらないでしょう。

また花粉の場合は症状の出る時期である程度判別が可能です。

薬の効きも個人差があり、相性の良い薬を探すのは難しい

同じ薬でも人によって効き目が違うそうです。

最近は効果が高く眠気も少ない薬がたくさん出ていますが、合わないことも多いんだとか。

自分に合う薬を探すためには、耳鼻科医と相談して何種類か試していくしかありません。

 

「眠気の出ないもの」や、「眠気が出ても良いからとにかく効果の高いもの」、「一日一回で良い物」等、生活に合わせてある程度のリクエストをしても良いでしょう。

花粉を吸わないのが一番

薬で症状を抑えることはできますが、根本的には花粉を吸わないのが一番だそう。

アレルギー薬を飲んでいても、マスクはしましょう。