老眼の彼氏にKindle Paperwhiteをプレゼントした話。選んだ理由、贈ってみた感想

こんにちは、行しろ(@yukishiro227)です。

私(24歳ゲイ)にはだいぶ年上の彼氏が居ます。その彼氏が最近誕生日を迎えました。

ちなみに私は彼氏の年齢を知りません。教えてくれない。

わたぴ「誕生日おめでとうございます~!いくつになったんですか?」

かれぴ「内緒です」

「24よりは上です」くらいしか教えてくれない。

そんな彼氏へのお誕生日プレゼントに「Kindle Paperwhite」を贈りました。

参考までにうちのかれぴのスペック

スマホで電話、メール、SNS、ウェブ検索を使える
設定になるともうだめ
老眼、軽度近視、乱視持ち

何故Kindle Paperwhiteを贈ったのか

何故Kindle Paperwhiteを贈ったのかというと。

私が電子書籍で本を買い始めたことを話していると

かれぴ「文字を大きくしたりもできるの?」

と意外に食いついておりました。絶対興味ないと思って話したのに。ヒアリングしていくと

・老眼で字を読むと疲れるので、本から離れた
・昔は読書家で、今でも読みたい本はある

ということが分かりました。

普段飄々としていて困りごとなんて大してなさそうなかれぴのニーズを知りました。

これは、電子書籍デビューさせてあげるしかないっしょ!そう思いKindleについて調べてみました。

Kindleって無料で3G通信できるの!?

Kindleを上げるにしても、インターネットに繋げないと本は読めません。かれぴの家はインターネットを敷いてない。年寄りのかれぴにテザリングなんかできるはずがない。さてどうしたもんか。

そう思って調べていると、そもそもそんな心配なんてしなくていいようでした。

私、てっきりKindleの3G回線に接続できるモデルって携帯会社と有料で契約しないといけないものかと思っていたいんです。

3G回線無料で使えるんですね!!

知らんかった。

Fireタブレットとの比較

Fireタブレットでもいいのでは?動画も見れるし、やれることは多い。

しかし

・液晶画面よりKindleの方が目にやさしい
・やれることが多いとかえって混乱する

という理由でFireタブレットは没に。

機械が弱い人にとって「やれることが多い」というのは必ずしもメリットではないんですね。

機能が限定されていればいるほど混乱しづらいです。

Kindleの全モデルでの比較

無印とPaperwhite以外は高すぎるっぴ!!

かれぴ漫画とかあんまりよまないのでマンガモデルも必要なし。

そしてバックライトが無いのは私的にぶっちゃけありえないのでPaperwhiteに決定~!

Prime会員は4000円OFF!なんだけど・・・


Prime会員年会費が3900円!Prime会員はKindle4000円Off!入るしかねえ!と喜び勇んで入会したのですが・・・

AmazonPrimeには一か月の無料体験期間があります。そして無料体験期間中は4000円Offクーポンが使用できないとのこと。

更に4000円クーポンを使うには、無料体験期間が終わるまで一か月待つしかないのです。Fireタブレットでも同様。

コスパ最強タブレット『Fire HD8』をお預けされている話。Amazonプライムにはとっとと入るべき

更に無料体験が終わってからクーポンが使えるようになるまで何日かラグがあるので注意しましょう。私は有料会員に切り替わった翌日に使えるようになっていました。

なんとかかれぴのお誕生日に間に合いました。しかし前日の夜に注文して当日の昼に届くプライムのお急ぎ便はすごいを通り越して恐ろしいと思った。配達員さん・・・頑張らせてごめんよ・・・

いざ、かれぴにプレゼント!

わたぴ「プレゼントれすよー」

がさごそがさごそがさごそ

初期設定をして差し上げました。

Kindleの3Gモデルは自分で使う分なら必要な初期設定は言語を選ぶところくらいなのですが、誰かにあげる場合はAmazonのアカウントを設定しないといけません。今回はAmazonアカウントを作るところから。

初期設定中、Kindleでのブラウジングはなかなか難しいと感じ、書籍購入用にかれぴのスマホを奪い取りKindleアプリをインストールしました。

そんなこんなで一冊本を購入。やっとKindleがかれぴの手に渡りました。

かれぴ「これは本当いいよ。字をこのくらいの大きさにできると読みやすい。見やすい。意外と軽いし。」

大好評でございます。

そしてかれぴの読書中私が放っておかれるという事案が発生いたしました。

あとこの人たぶん本の買い方を習得できてない。たぶん新しい本を買うのは当分私の役目になることと思います。

まとめ

Kindleをプレゼント。喜んでもらえてよかったです。

老眼で字が読みづらいので本から離れてしまったという人は少なからずいると思いますので、そういった方にKindleはおすすめのプレゼントですね。中々こういったものを自分で取り入れようとも思わないでしょうし。

あとは読むのはなんとかなるけれど初期設定や本の購入が難しいのは盲点でした。

こんな人におすすめ
・小説等文字ベースの本を読みたい
・スマホで電話、メールくらいはできる
・身近に設定や本の購入をしてくれる人が居る

こんな人にはおすすめできません
・雑誌を読みたい
・携帯電話を使うのもやっと
・機械ことで頼れる人が身近にいない

こんなとこですかね。

今後はデートのたびにKindleの使い方を叩き込むことになりそうです。