【モバイルバッテリー】PanasonicQE-AL201からAnkerPowerCore Fusionに買い換えた

年単位でPanasonicのAC充電器とモバイルバッテリーが一体になった、QE-AL201を愛用してきました私。

 

未だ順調に機能してくれています。

家にいるときはずっとコンセントに差しっぱなしで充電器として使用するというハードな使い方をしていますが、バッテリーの衰えも感じられません。

 

不満は全くなかったのですが、予備のために新しいAC充電器付きモバイルバッテリーを購入。それが思いのほか良かったので引退してもらうことになりました。

 

新しく購入したのが、AnkerのPowerCore Fusionです。

スペックはほとんど同じだけど……AnkerはUSB充電可能

容量は5000mAhで、AC充電器機能付きとほとんど同じスペックの両機。

対応電圧とかもほとんど変わりなし。

正直電気についての詳しい知識がない私にはほとんど同じに見えます。

 

両方とも、パススルー給電(コンセント接続時、モバイルバッテリーと接続された機器を同時に充電する)が可能です。

 

メーカーのスペック表を見てもかなりの部分が同じ数字です。

 

ですが、AnkerのPowerCore Fusionにしかない機能がありました。

PowerCore FusionはACのみでなく、USBで充電可能なんです。

 

給電用のUSB Aポート二つの他に、microUSB Bのポートがあります。

このポートにケーブルを差し込むことでも充電が可能です。

 

最近のカフェだと、コンセントが無く代わりに充電用のUSBポートが空いてたりしますよね。

そういう時に便利だと思いました。

ちなみにUSBポートから充電中でもパススルー給電可能です。

サイズ比較

サイズ比較です。

明らかにAnkerPowerCoreFusionの方が小さいです。

 

厚みはPanasonic QE-AL201の方が薄いのですが……それほど大きな差ではありません。

重量はQE-AL201が195g、PowerCore Fusionが189gです。

若干PowerCore Fusionの方が軽い。

コンパクトさには勝てず……世代交代

  • USB充電可能
  • コンパクト

この2点でPowerCore Fusionの方が優れていたため、世代交代することとなりました。

 

しかも価格もPowerCore Fusionの方が安いんですよね。Anker恐るべし。

 

ただ、Panasonicも新しいAC付きモバイルバッテリーを出しています。

廃盤のQE-AL201と比べてやるのはどうかと思いましたが……持っていないものは比較できません。

あと、後継機のQE-AL202は小さくなった代わりに容量も3760mAhになってしまったのでPowerCore Fusionと単純比較できないんです。ちなみに価格も安くなってる。

 

Panasonicが上回っている点は……容量のバリエーションでしょうか。

5000mAhで物足りない人は7500mAhのQE-AL301があります。

 

あとはAnkerのバッテリーの品質についてはまだ分かりません。

Panasonicのバッテリーは数年間のハードな使用に耐えてくれましたので、そこについては信用できます。

 

でも……やっぱり安くて小さいから人に薦めるならAnkerのPowerCore Fusionかなぁ……