バレない自然なメンズメイクの方法その2【バレずに印象UPするポイントメイク】

バレない自然なメンズメイクの方法その1【肌を綺麗にする基本メイク】

2019.01.22

前回はバレずに肌を綺麗にする基本のメイクを紹介しました。

今回はそれに加えて、バレずに印象をアップできるポイントメイクを紹介します。

チーク&リップで血色を良くしよう

唇や肌の色味が悪いと、不健康な印象になってしまいます。

また普段はそんなことなくとも、コンシーラー等でニキビ跡や鼻の周りの赤みを隠していくと、色味のない肌になってしまう可能性もあります。

 

そんな時はチーク(頬紅)&リップ(口紅)で赤みを足してあげましょう。

チークの選び方、付け方

チークには粉状のパウダータイプ、リップクリームのような硬いクリーム状のクリームタイプ、液状のリキッドタイプがあります。

男性がチークをつける場合は、クリームチーク、もしくはリキッドチークがおすすめです。

created by Rinker
キャンメイク
¥626 (2019/03/23 11:48:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

パウダーは色が調整が難しいですし、粉状のものが肌に乗ることで化粧してる感がアップしてしまいます。

クリームチーク、リキッドチークは肌によくなじみますし、肌の上で良く伸びるので調整が簡単です。

これらは指に付けて、付けたい部分に色を置き、別の指でぼかすようにして使います。

 

色は透明感のある赤系をお勧めします。

ピンクやオレンジは元々の肌の色味との相性があり選ぶのが難しいです。

 

チークの入れ方は「笑った時頬の高くなる部分」といいますが、男性の場合、それをしてしまうと一目で化粧をしているとバレてしまいます

顔の中心は注目されやすい部分なので、そこに色を入れるとすぐにバレてしまうんです。

 

ですので、顔の外側に入れます。

耳の横から、頬骨の下のなぞるように入れていきましょう。

 

顔の外側に入れることで、こっそりと顔に色味を足すことができます。

また、頬骨のラインをチークで強調するので凹凸のある顔にも近づきます。

リップの選び方、付け方

リップは赤系の、色付きリップクリームのようなものが良いでしょう。

色付きリップクリームは色味の薄いものが多いですし、唇に潤いを与えてくれます。

 

付け方ですが、普通に女性が口紅を塗るようにつけてしまうと色が出すぎてしまいます。

なので鏡で色の濃さを見ながら、スタンプを押すようにポンポンと色を乗せていきましょう。

 

唇の皮がはがれているとまだらに色がつき汚らしい印象になるので、日ごろから唇の保湿には気をつけましょう。

シェーディング&ハイライトで凹凸のある顔に

シェーディング(暗い色の粉)とハイライト(明るい色の粉)を活用して、顔にメリハリをつけましょう。

ブラシがあると便利ですが、指で取って付けても構いません。ブラシが付属のものもあります。

 

基本原則として、

シェーディングは凹んでいる、凹ませたい部分

ハイライトは高い部分、高くしたい部分につけていきます。

輪郭を削る

シェーディングで輪郭を削っていきましょう。

顔の横部分を削るのですが、正面から見て顔の輪郭につけるとシェーディングの色が丸見えになってしまい違和感が出ます。

なので横顔を見ながらつけていきましょう。

耳の裏から顎まで一直線に入れていくと良いです。

また、顎の下から少し色を入れると顔の長さを抑えることができます。

鼻を高く見せる(ノーズシャドウ)

鼻を高くみせる、また鼻筋が通っているように見せるために鼻筋の両脇にシェーディングを入れます。

この時濃すぎると椿鬼奴のようになってしまいますので注意してください。

 

鼻筋というより、眼窩(頭蓋骨の目のところのくぼみ)のラインを強調するように入れていくと良いです。

目と目の間に色を置き、眼窩のラインに沿って伸ばしていきましょう。

鼻筋のほうは残った色で軽くシュッとなぞる程度でOKです。

 

鼻先の形を良く見せたい場合、鼻先でV字にシェーディングを入れるのも効果的です。

見えるか見えないかくらいの薄さで入れることを心がけましょう。

Tゾーンのハイライトの入れ方

今度はハイライト(明るい色)を入れていきます。

まずはTゾーン(おでこと鼻筋)です。

基本的にはTの字に入れていけばいいのですが、ふんわりと目立ちすぎないように入れるように注意しましょう。

また、鼻筋に入れる場合、鼻筋の根本あたりが一番濃くなるようにつけると良いです。

日本人はここが凹んでいる場合が多いので、ここを明るくして前に出ているように見せてあげると外国人風の通った鼻筋に見えます。

Cゾーン

Cゾーンは眉の下から頬骨にかけてC字に描くラインです。

眉の下に明るい色を入れることで、眉も綺麗に見えキリっとした印象になります。

その他ハイライトを入れる場所

  • 顎の下→顎を高く見せることで、外国人風の横から見て三日月型の輪郭に見せることができます。
  • 唇の山→唇の山の上に明るい色をいれると、唇がふっくらとして見えます。唇の薄い方におすすめ。
  • 目頭→目頭に明るい色を入れることで反射板の役割を果たし、瞳が綺麗に見えます。
  • 涙袋→目の下に明るい色を入れることで涙袋があるように見せることができます。その下に更にシェーディングで薄い線を入れることでさらに強調することができます。

眉を書き足して凛々しい印象に

メンズメイクに興味をもつような美意識の高い男性は、眉を整えている方が多いかと思います。

しかし眉を剃ったり抜いたりして減らしていくだけでは限界があります。

眉を書いて、足していく作業を加えることで理想の眉型になることができます。

 

といっても、眉を描くことは最初は難しいです。

既にある眉の形に書き足していく形で、綺麗な眉を目指しましょう。

 

眉の書き足しテクニックをいくつか紹介します。

  • 眉の薄いところに書き足す
  • 眉の下のラインに合わせて線を引く→眉毛の存在感アップ、キリっとした印象の眉に
  • 眉頭を書き足し、眉間を狭くする→眉間を狭くすることで、男前な印象になります
  • 眉尻を書き足す→眉を長くすることで顔の余白を減らし、小顔に見える効果があります。

 

眉毛を描くアイテムには、ペンシルタイプとパウダータイプの二つがあります。

ペンシルタイプの特徴

created by Rinker
New Born(ニューボーン)
¥887 (2019/03/24 03:11:37時点 Amazon調べ-詳細)
  • ペン状になっているので描きやすい
  • はっきりとした線が描ける
  • ぼかす用のブラシがついているものもある

パウダータイプの特徴

created by Rinker
KATE(ケイト)
¥999 (2019/03/23 20:38:59時点 Amazon調べ-詳細)
  • 粉を取りブラシで描いていくタイプ。慣れないうちは難しいかもしれない。
  • 何種類かの色がセットになったものが多い
  • ふんわりと色を乗せることができる
  • ブラシの使い方を覚えればはっきりとした線も描ける
  • シェーディングとしても使える

 

色は真っ黒だと濃くなりすぎてしまうので、暗めのブラウン系もしくはグレー系を選ぶと良いでしょう。

アイラインで目力アップ!

アイラインで目力をアップしましょう。

アイラインは目の際に引くものなのですが、普通に上瞼に引いてしまうと、化粧していると即バレしてしまいます。

ですので、瞼の内側、インラインに引いていきましょう。

 

上瞼にはまつげが生えています。

インラインとはまつげの内側の部分。この部分に線を引いていきましょう。

 

※目のドアップ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡を見て、片手で瞼を持ち上げながら線を引くと、初めてでも描きやすいです。

まつげの生え際を裏からなぞるように引きましょう。

初めは怖いかと思いますので、練習あるのみです。

 

アイライナーには筆状になっているリキッドアイライナーと、細いクレヨンのような芯で線を引くペンシルアイライナーがあります。

インラインを引く場合、柔らかいペンシルアイライナーが使いやすいです。

色は茶色のほうがよりナチュラルですが、黒のほうがよりキリっと見えます。

created by Rinker
キャンメイク
¥702 (2019/03/24 03:11:37時点 Amazon調べ-詳細)

 

この使い方でしたら黒でもそれほど悪目立ちしないかと思います。

ちょっとしたことで印象が変わる!

肌に少しだけ赤みを持たせたり、眉毛を5ミリ書き足したり、髪の毛ほどの細さのアイラインをまつげの裏に引いたり……

ほんのちょっとしたことで顔の印象は変わります。

バレないポイントメイクをマスターして、こっそり印象アップを目指しましょう。

バレない自然なメンズメイクの方法その3【お悩み解決】

2019.02.17

バレない自然なメンズメイクの方法その1【肌を綺麗にする基本メイク】

2019.01.22