バレない自然なメンズメイクの方法その1【肌を綺麗にする基本メイク】

最近メンズメイクが段々と市民権を得ているようです。

しかしまだまだメイクをしている男性は少数。

「イケメンに見えるならやってみたいけど、化粧をしているとバレたくない」という男性も多いのでは。

 

というわけで今回は化粧をしているとバレないけれど、ちょっとだけイケメンになれるメイク方法を紹介します

また、今回紹介する化粧品は基本的にはプチプラ(低価格)のもので、Amazonなどの通販サイトにも取り扱いのあるものですので、気軽に試すことができます。

バレずに肌を綺麗にする基本のメイク

肌を綺麗にするだけで、かなり印象が変わります。

肌が綺麗ということは、健康で清潔な証です。

メイクで自然に肌を整えて清潔感を劇的アップさせましょう。

メイクの前にまず髭剃り、洗顔、保湿

メイクの前にまずは髭剃り、洗顔をしましょう。

 

髭剃りの際重要なことは、頬の産毛も剃ることです。

目に見えない産毛でも、肌に化粧品を定着させる妨げになりますし、産毛にファンデーションが乗ることで産毛が目立ってしまいます。

 

その後洗顔をして皮脂を落としましょう。

皮脂を落とさず化粧をすると、皮脂でファンデーションが滑り化粧崩れの原因になります。



洗顔の後は必ず保湿をしましょう。潤いの足りないガサガサの肌には化粧品が上手く乗りません。

化粧水、乳液など肌質に合うものをお使いください。

よくわからないという方はオールインワン(一つで化粧水、乳液の効果を兼ね備えたもの)のものがおすすめです。


化粧下地を塗る

まずは化粧下地顔全体に塗りましょう。

化粧下地とはファンデーションの前に塗るもので、ファンデーションの定着を良くする、皮脂をコントロールする、肌の色味を整えるなどの効果があります。

物によって使用量が異なりますので、パッケージを読んで適切な量を使ってください。

 

少な目の量を薄く延ばすことが重要です。

厚く塗ってしまうと不自然さや化粧崩れの原因となります。

塗った後にティッシュを顔に静かに乗せることで、余分な下地を取り除くことができます。

 

男性は皮脂の多い方が多いため、セザンヌ皮脂防止下地をお勧めします。

皮脂による化粧崩れを防止してくれる下地です。

中身はピンク色の液体です。ピンクを加えることで肌の色味を整え明るく透明感のあるように見せてくれる効果があります。

 

乾燥肌の方にはちふれメーキャップベースが低価格で評判も良いです。

こちらは肌の乾燥を防ぐ効果があります。

白いクリーム状の下地で、肌を自然に明るく見せてくれます。

コンシーラー(部分用ファンデーション)でシミ、クマ、ニキビ跡など粗を隠す

ファンデーションでシミ、クマ、ニキビ跡など、肌の汚い部分を隠すのですが、全体的にファンデーションを塗ってしまうといかにも「化粧している感」が出てしまいます。

そこで今回はコンシーラー(部分用コンシーラー)のみを使います。

コンシーラーとは固めの質感のファンデーションで、部分的に肌をカバーしてくれる効果があります。

 

  • シミ
  • クマ
  • ニキビ跡
  • 鼻の周りの赤み

等をこのコンシーラーで隠していきましょう。

 

まず隠したい部分にコンシーラーを乗せます。

少し乾かしたあと、指先でトントンと叩くように周りになじませていきましょう。

こするようになじませると、せっかくシミやニキビ跡をカバーしているコンシーラーをぬぐい取ってしまうので注意しましょう。

 

コンシーラーは男性用のニキビカバー用を謳ったものもあります。

このような商品は男性の肌色に合わせてあり、またドラッグストアなどでも手に取りやすいでしょう。

リップスティックのような形状のタイプが多く、取り扱いが簡単です。

 

ただ、男性用の商品は色が濃すぎてかえって浮いてしまうこともあります。

女性用の商品はカラーバリエーションが豊富で値段も安価なものが多いので、自分に合うものを探すことができます。

セムのチップコンシーラーは非常に安価で、色数も多く評判も良いです。

フェイスパウダーで化粧崩れ防止

最後にフェイスパウダーをつけていきましょう。

フェイスパウダーは化粧をしたあと肌に乗せる粉です。

粉を乗せることで化粧品を固め、化粧崩れを防止することができます。

また、フェイスパウダーにもわずかながら肌の粗をカバーしたり、色を整えたりする効果もあります。

 

たくさん乗せてしまうといかにも化粧してますというようになってしまうので、パフで粉を取ったあと一度手のひらなどでパンパンと叩き余分な粉を落としましょう。

まずコンシーラーを塗った部分に重点的につけ、その後顔全体に軽くタッチするように薄く塗っていきましょう。

顔全体に塗ることで毛穴を少し目立たなくしたり、コンシーラーを塗った部分との色の違いを目立たなくすることができます。

 

フェイスパウダーで低価格で評判の高いものがキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーです。

色は数種類ありますが、色黒、もしくはあまり白くしたくない方はMB(マットベージュ)、それ以外の方はMO(マットオークル)を選びましょう。

メイクをした日は必ずクレンジング(化粧落とし)を!

化粧品は油分が多く、通常の洗顔用石鹸では落としきることができません。

化粧品が顔に残ったままだと、雑菌が繁殖したり、化粧品が酸化して肌にダメージを与えたり、肌荒れの原因となります。

専用のクレンジング(化粧落とし)を使ってしっかりと化粧品を落としましょう。

 

化粧落としにはいくつか種類があります。

 

一つ目がオイルやクリームなどで化粧品を溶かす方法。

乾いた肌に専用のオイルやクリームをつけ、指でくるくると肌になじませることで、化粧品が溶けて洗い流せるようになります。

その後クレンジングオイル、クリームごと石鹸で洗顔して洗い流します。

毛穴に入り込んだ化粧品や、古い皮脂までしっかり落とせることが利点です。

 

二つ目はメイク落としシート。

油を溶かす成分や洗浄成分がしみ込んだシートです。

拭くだけで手軽に化粧を落とすことができます。

ただし肌への刺激が強めで、毛穴の奥の汚れまでは落としきれないというデメリットもあります。

 

拭きとった後は顔の上に洗浄成分が残っているため、必ず洗顔して洗い流しましょう。

 

三つめはメイクも落とせる洗顔料

洗顔と一緒にメイクを落とすことができる優れものです。

ただし、しっかりと泡立てていつも以上に丁寧に洗顔しないと化粧を落としきれない可能性があります。

 

メイクを落としたあとは必ず保湿をしましょう。

クレンジングは肌の元々もっている油分や水分も奪ってしまうため、補ってあげる必要があります。

毎日スキンケアをしよう!

メイクで多少肌を綺麗にすることはできますが、限界があります。

何もしてない、すっぴんの肌が綺麗に越したことはありません。

肌を綺麗にするためには、毎日のスキンケアが重要です。

バレない自然なメンズメイクの方法その3【お悩み解決】

2019.02.17

バレない自然なメンズメイクの方法その2【バレずに印象UPするポイントメイク】

2019.02.16