サブカルゲイ男子のフェス処女を奪った、夏の魔物2018inTOKYOレポート

夏の魔物2018に見てきました!

ライブフェスは生まれて初めてなんです。

 

目当てはベッド・インと筋肉少女帯!他はあんまり知らなかったし、予習もしないで行ったけど、楽しめたました!

あいにくの雨

朝から土砂降りです。急遽コンビニで雨合羽を購入。

フェスでは傘をさせないらしいですね。(無知)

 

昼頃までざんざか降っていましたが、昼過ぎには雨も上がり、過ごしやすい天気に。

雨も大変でしたが、猛暑よりは楽だったのかなーと思います。

グループ別感想

ちゃんと見たグループの感想を書いていきたいと思います。

アーバンギャルド

名前だけ知ってた。

 

こじらせているサブカル男子の私。「このタイプの女性ボーカルかー」と舐めてかかっていました。

さらっと歌う軽めのタイプの声の女性ボーカルって好きになることは少ないんです。

 

しかし正体は男女ツインボーカル。刺さった。

ボーカルの二人の声の相性絶妙すぎでしょ!

あと聞けば聞くほど、女性ボーカルさんの高い地力が見えてくる。

 

曲もめっちゃ好きです。ちょっと昔のテクノポップ要素好きなんだってば。

聞いた曲の中では「あたしフィクション」が一番良かったかな。

フィロソフィーのダンス

唯一ちょっとだけ予習をしていきました。YouTube「ダンス・ファウンダー」だけ聞いた。

ハロオタなので評判を聞いて少し気になってはいました。

 

ハルさんのギラギラ感がすっごい好きです。

歌もギラギラしてるし、ダンスもギラギラしてるし、表情もギラギラしてるし、メイクもギラギラしてる。

ああいうタイプのドヤ声ボーカル好きです。

 

ファンク調の、良い曲が多いですね。

特にダンス・ファウンダーのサビがまだ頭から離れない。「新しいダンスを踊らせて~」のメロディーキャッチ―すぎるでしょ。

魔法少女になり隊

名前だけ知ってました。聞こうか迷っていたら、イントロが流れてきて。

ユーロビートめっちゃ好きやねん!!!

 

なんか魔法少女になり隊って、名前とか設定とかあざとい感があるじゃないですが。

だからこじらせたサブカル男子として「ハマったら悔しい」と思ってました。

けど悔しいけどビクンビクン楽しかったです。

 

おジャ魔女カーニバル!!は楽しすぎるだろ。

SPANK HAPPY

ストロングゼロでも飲みながらちょっとまったりしたい気分だったんですが、ちょうど良い音楽が流れてきてついつい見てしまいました。

お酒を飲みながら気持ちよく体を揺らしてたんですが、いつの間にか全力で踊ってました。

めっちゃ踊るのにちょうど良い。

 

今調べてみたらかなり歴史のあるグループなんですね……

90sの匂いがすると思ったら、90sそのものだった。

 

最後のPhysicalがめっちゃ楽しかったです。

サビでフリがある曲っていいよね。

トイレ

二丁目の魁カミングアウトを見たかったけど、本命の前にトイレにも行きたかった。

すぐに済むだろうと思ってたらめっちゃ並んでて、戻ってきたら二丁目の魁カミングアウト終わってました。しょんぼり。

ベッド・イン

大本命!はぁー、好き。

生で聞けるのは去年の夏ぶりだったんで大興奮です。

雨は上がったけど、濡れ濡れになってしまいました。

 

髪の長いちゃんまいを生で見るのは初めて。可愛い。

パフォーマンスも、MCもやばくて超盛り上がってやばかった(語彙力)

ベッド・インはやばいからみんな聴いて。

 

私のジュリ扇、適当に袋に入れていたら羽が結構抜けて舞い散って申し訳なかったので、ジュリ扇ケースは買うべきです。

 

前回のワンマンのときは距離が遠くてあんまり表情が見えなかったんですけど、今回は結構前のほうに行かせてもらえました。

表情が見えたんだけど、煽ってる時のちゃんまいの目がイってて軽くイキました。

 

普段のキャラはかおりさんがS系痴女で、ちゃんまいがM系痴女って感じなのに、一皮むくとかおりさんは天然で可愛くて、ちゃんまいが男前でかっこいいのほんとずるいと思う。

二丁目の魁カミングアウト

リングステージのは見れなかったけど、道場ステージでもう一度やってたので見ることが出来ました。

でも後ろのほうで良く見えなかった(´ω`)

ミキティ本物さんが振付師なんで、やっぱりダンスをちゃんと見たかった。次回はちゃんとダンスが見えるところで見たいです。

体力切れで離脱

当日の朝5時までイベント参加してたんで……しばらく死んでました

ちょっと何か食べようと思って、屋台に並んだらめっちゃ待たされてそれでとどめ刺された……

並びながら聞いたおとぼけビーバーがめっちゃ良かったけど聞きに行く体力がありませんでした。

アップアップガールズ(仮)

ハロプロだけど今まで見たことなかったので。

楽曲にハロっぽさはないのかー、ってのがちょっと残念。

パフォーマンスはベテランの子が多いからかしっかりしてましたね

筋肉少女帯

本命その2.

さよなら絶望先生の、人として軸がぶれているあたりから入ったクチです。

ずっと好きでプレーヤーにはずっと入ってたんだけど、生で聞くのは初めて。

 

まず冒頭、サンフランシスコのイントロで大興奮。

サンフランシスコめっちゃすこ。

なんかもう、「こんな音楽が実在していたんだなぁ」と感動してしまいました。

 

大槻さんのMCも、「こんな人が実在していたんだ」と感動。

「お前ら明日仕事だぞー!」と煽ってくるロッカーよ。

私は無職で良かったと思っていました。(良くない)

 

めっちゃ楽しかった。

ライブ経験は少ないのでごりっごりなバンドについていけるか心配でしたが、はじけちゃいました。

 

人生初金少が夏の魔物で良かったかもしれません。

感想

人生初のフェスがあいにくの雨天。

今度は猛暑のフェスも参加してみたいなぁ……辛いだろうけど

あと徹夜明け参戦だったんで、体力の限界で半分くらいしか見れんかった……

 

後悔することもたくさんあるけど、夏の魔物めっちゃ楽しかったです。

新しく好きになれたバンド、グループがたくさん。

音楽好きの人ってどこで新しい音楽の知識を仕入れているか不思議だったんだけど、フェスも一つの手段なんですねぇ(無知)

 

今度はロッキンとかも行ってみたいし、来年の夏も夏の魔物参加したいです。