「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」アイドル演劇の最高峰。

こんにちは、行しろ(ゆきしろ)です。

今回は私をアイドルオタの世界に引きずり込んだ、傑作のお話をしようと思います。
その名も「LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-」。

出演は
モーニング娘。’14(現モーニング娘。’17)
スマイレージ(現アンジュルム)

どちらもハロープロジェクト(以下ハロプロ)に所属するアイドルグループです。
ハロプロは以前からアイドル達に舞台でお芝居をさせています。
近年ハロプロ内の舞台で主流となっている、演劇女子部、出演者が女子だけのプロジェクトの中の一作です。

あらすじ

舞台は吸血種の少女たちが療養するサナトリウム。ある日シルベチカが失踪して友人のリリーが行方を探すが、皆は「シルベチカなんて知らない」という。
シルベチカの存在はリリーの妄想なのか悩む中、ひごろ単独行動しているスノウが「彼女を探さないで」という。
シルベチカ失踪の謎、そしてサナトリウムの真実が解き明かされる時、少女たちの残酷な運命が浮かび上がっていく。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%94%E5%8A%87%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%83%A8_%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%80%8CLILIUM-%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0_%E5%B0%91%E5%A5%B3%E7%B4%94%E6%BD%94%E6%AD%8C%E5%8A%87-%E3%80%8D

最近は刀剣乱舞の舞台を手掛けたことで有名な末満健一の脚本です。
この脚本は同じく末満健一の作品、「TRAMP」と世界観を共有しています。

「TRAMP」とは「TRue of vAMP」の略。

この世界の吸血種は伝説と違い、不死ではない。
吸血種から不死はすでに失われてしまった。
しかし世界のどこかに不死を失っていない真の吸血種、TRAMPが今も生き続けている。

「TRAMP」「LILIUM」どちらもこのTRAMPが物語の核となっています。

美しい脚本。美しいアイドル達。歌唱、ダンスのレベルの高さ。

不死、永遠をテーマとしたこの脚本を10代のアイドル達が演じる。
とても美しい舞台でした。

ハロプロは他アイドルに比べてスキルが高いと評されています。
そのスキルも遺憾なく発揮されていました。

福田花音、鞘師里保、田村芽美、すでに卒業したメンバーですが、彼女たちの歌唱力が素晴らしい。

演技面で素晴らしかったのは田村芽美、石田亜佑美、和田彩花。

田村は子役出身、抜群の演技力でシリアスパートを引っ張っています。
現在はアンジュルムを卒業し女優の道に進んでいます。
まだ女優に転身して間もないですが、本田美奈子役を演じる等活躍中です。

石田はコミカルな演技が素晴らしい。
重苦しいテーマですが前半はとても軽快なこの作品。
彼女の快活な話し方は役柄ととてもマッチしていました。

和田はシリアスなパートで活躍。
元々ビジュアルを評価されているメンバーですが、今回は大人っぽく、ミステリアスな雰囲気を醸し出していました。
独特の声質による演技も良い。

男役の二人がすごい

演劇女子部では全ての出演者が女子ですので、脚本の中に男性が出てくれば、男装して出演します。
正直違和感がないとは言えません。

しかし「LILLIUM」では全く違和感を感じませんでした。

一つ目の理由は、思春期の男女しか出てこない作品だから。
少年の役ならば女性が演じても違和感は少ないです。

そしてもう一つの理由。
男性役を演じた二人のアイドルの資質です。

一人目はモーニング娘。の工藤遥。
彼女はボーイッシュな顔立ちとハスキーな声を持ち、前々から「工藤少年」等と呼ばれていました。
そんな彼女が少年役に挑戦。ハマり役です。

この役以降彼女は女性ファンを増やし、ハロプロ内のアイドルにも多くのファンが居ます。
共演したアンジュルムリーダー、和田彩花は一時期目を合わせることができなかったとか。
イケメン芸を見事に身に着けています。

二人目はアンジュルムの中西香菜。
彼女はとても女性的な容姿をしていますが、声が他のアイドルと比べてとても低い。
アイドルとして歌っている時にはその声で苦労している様子も見受けられますが、今回の舞台では持前の低音を存分に活かしていました。
モーニング娘。内でも屈指の歌唱力を持つ小田さくらとのデュエットは必聴です。

彼女は歌を苦手としていたメンバーですが、この舞台以降低音を強みとして活かしたり、自信をもって歌えていたりと歌唱面での成長が著しいです。

DVDはこちら。U-NEXTでも見れるよ。


U-NEXTにも本編はありました。