だらしない体なので公営ジムで鍛えてきました。競パン画像つき。【誰得】

こんにちは、行しろ(@yukishiro227)です。

競パンを買ったはいいものの、それをはいてみて自分の体型のあまりのカッコ悪さに絶望した私。筋トレを決意いたしました。
競パンを履いてみたら、自分の体形のダサさに気付いた。筋トレする。絶対する。

そんなわけで本日、近所の光栄ジム&プールにいってきました。

まずは今の私の体型を大公開。競パンでなあ!!

私の薄っぺらく張りのないおしりに火をつけるため、自分の今の体型を公開することにしました。しかも競パン着用でなあ!

この画像公開はためらいました。自分のほぼ裸体画像をワールドワイドウェブにさらすなんて、人として、ブロガーとしてやっていいことなのか。

筋トレ専用に新しいブログを立ち上げようとも思いました。てゆーか立ち上げるとこまでやりましたが、記事を書かずに放置しております。

このブログを運営する上で、書きたいことはなんでも書くと決めたのを思いだし、このブログで筋トレのことも書いちゃうし、体型も公開しちゃうことにしました。

ツイッターでアンケートとったら見たい人もいるみたいだし。

一応、見たくない人への配慮をしておきます。私の競パン着用画像はこちら。
見たい人はクリックしてね!正面

さんざん肉がついたみたいなこと言ってたけどシルエットで見ると完全にもやしですね。なまっちろいし。

しかしお腹はぷよぷよだし、筋肉量が少なくて割合的に脂肪の量が多いのですよ。幼児体型です。

ジムでのトレーニングに必要なもの

これは公営ジムでも民間のジムでも共通だと思います。

・トレーニングウェア(要するに動きやすい服。スポーツブランドのハーフパンツにTシャツとかで十分です。上着もあるといいかも)
・タオル
・シューズ(室内用のシューズ。とりあえず運動靴の形をしていれば安いものでも良いです)

さらにプールに入りたい場合は

・水着(トランクス型は断られる場合も。スパッツ型が無難。フィットネス用のものを用意しましょう)
・水泳帽
・ゴーグル(泳ぐなら必須です。歩くだけならなくてもいいかも。)

が追加で必要です。

公営ジムへ行ってみた

さて、近所の公営ジムでトレーニングじゃ。

お値段は一回450円程度。三時間まで利用でき、トレーニングルーム、温水プール、入浴施設を利用できます。

週に二回程度通うとしたら、4000円強。民間のジムだと一ヶ月一万円からなので、だいぶお安く利用できますね。

よりお得な回数券などを販売している施設もありますね。

早速トレーニングルームで筋トレ。設備はやはり、最低限といった印象。

一通りのマシンはあるのですが、一台ずつしかなく譲り合って利用しないといけません。ウエイトはダンベルが20kgまでしかありませんでした。

筋トレ系のブログや書籍ではマシントレーニングよりフリーウエイトが推奨されているのですが、コーチングなしにフリーウエイトに挑戦するのも怖かったので今回はマシントレーニング。

ちゃんとコーチングできるスタッフが少ないのも公営ジムの弱点ですね。本音を言えば危ないのでフリーウエイトは使わないでほしいのだと思います。

平日の昼間ということもあり、客層はおじいちゃんおばあちゃん。若者の私は飴ちゃんでももらえそうな雰囲気でしたが、もらえませんでした。

本日行ったメニュー

シットレッグプレス 50キロくらいから何段階かウォームアップ、マックス90キロからWDSウエイトダウンセットトレーニング(自己流)

ラットプルダウン マックス40キロ弱からWDS

チェストプレスマシン マックス46キロからWDSウエイトダウンセットトレーニング

ベンチクランチ 10×3セット

重量しっかり覚えてないとこほんと私クソだと思う。

プールで遊んできた!

トレーニング後プロテインをのみ、シャワーを浴び、プールへ。

私はたいして泳げないけれど、浮くことができるので水への苦手意識はなく、水遊びは大好き。

水着を着るのに躊躇しちゃうけど、まわりの客はおじいちゃんおばあちゃんなので気にすることもありません。

今日は45分くらい遊んできました。

25メートル泳ぎきれないから、何メートル泳ぐとか測れない。

四泳法の中でまともに25メートル泳げるのは背泳ぎのみ。しかしまっすぐ泳げないのでコースが空いてるときに隙を見て泳ぎました。

進行方向が見えずプールサイドに思いっきり手を強打してました。背泳ぎで周囲の安全確認ってどうすればいいんだろう。

プールでの運動って、水のなかに入ってる間はあんまり疲れを感じないのだけど、上がったとたん体がずっしりと重くなりますね。久しぶりの感覚です。

プールのあとはお風呂で体を暖めよう!

お風呂もついているので、入ってきました。

塩素で髪がばりっばりなのでよくシャワーで流しましょう。

内蔵が冷えると肥満の原因になるそうですし、筋トレのあとは入浴で血の巡りをよくしてあげると回復が早くなるそう。

サウナもついてるのは嬉しいですね。でも欲を言うとミストサウナがよかったです。

体験してみて感じた公営プールのメリット、デメリット

メリット

・安い
・雰囲気がゆるい

デメリット

・設備がしょぼい
・コーチがいないことも多い
・閉まるのが早い

まとめ

公営ジム、安いのでとりあえずジムにいってみたい人はいってみたらいいんじゃないかな。

とりあえずちょっと運動しとこうとか、ダイエットのためにプール入りたいとかそのくらいなら十分だと思います。

しかし筋トレ的には設備が充実してないし、指導も少ないです。あとは遅くまでやってないのも辛い。

私はとりあえず回数券を使いきったら民間ジムの見学にいこうかなと思います。意思が弱いのでお金の力で少しでも快適に運動したい。

スポンサーリンク

ゲイ的こぼれ話

「もしかしたらかっこいいホモの人がいるかも💓」とスケベ心で競パンを持っていったのですが、スケベ心に救われました。

「プールとかお風呂でかっこいい人の裸を見れるかも💓」とか思っていたのですが、客層は見事におじいちゃん。もしくはおじさん。お腹ぽっこり。

これにはさげぽよ⤵。金曜の夜とかだったら、若いリーマンとかいるかしら。

こういう場合に不思議な現象が起こるのですが、「いける」か「いけない」かでいったら「いけない」けど、その場のなかで比較的いけていたら見てしまうんです。私だけかしら。

比較的若いおじさんとか、引き締まったブスとか、比較的顔の良い太ったおじさんとか、見てしまう。

見てどうするわけでもないんですけどね。