「くやしい…!でも…感じちゃう!」クリムゾン作品がKindleUnlimitedで読み放題!ゲイがエロ漫画読んでみた

こんにちは、行しろ(@yukishiro227)です。

くやしい…!でも…感じちゃう!

という台詞、ご存知でしょうか。私みたいにネット歴がある程度長い人にはすっかり定着しているセリフです。元ネタは同人サークル「クリムゾン」のエロ漫画。1999年から活動開始、現在は商業作品も多数執筆しております。

凌辱ものをメインとして描き、その絵柄と作風は2000年代ネット界隈で広く知られておりました。私も本編読んだことないけど知ってた。ワンピースのナミがなんかめちゃくちゃやられてるやつ。

なぜこんな話をしているかというと。

クリムゾン作品が電子書籍で読み放題だったから。
そう、KindleUnlimitedならね。

クリムゾンとは

凌辱モノをメインに描くエロ漫画家(ざっくり)

りょうじょく
【陵辱・凌辱
  1. 《名・ス他》

    人をはずかしめること。特に、暴力で女性を犯すこと。

強気な女性が凌辱され、「くやしい…!でも…感じちゃう!」となる作風で有名です。

「クリムゾンはヌケない」などの意見もありますがとても人気の高い作家。作風から男性なのかと思われますが実は女性だそうです。それも人気の理由なのだとか。

そんなクリムゾン作品がKindleUnlimitedで読み放題

KindleUnlimitedに何か面白いものはないかなー。そう思って探しておりました。「アダルトものに実は面白いのあるんじゃね?」ビンゴでした。

クリムゾンの商業作品がKindleUnlimitedの読み放題作品の中に入っておりました。しかもその数145タイトル。

まあバージョン違いとか、重複してるものも大分あるんだけどさ。

 

こちらのクリムゾンガールズも無料で読むことが出来ます。フルカラーで235ページと、かなりのボリューム!!
強く気高い女性集団「クリムゾンガールズ」を卑怯な手段で追い詰め屈服させる!オレは女を落とすことにかけては常勝無敗―
その日もいつものように電車の中で獲物に手を伸ばした…
だがそれはただの女ではなかった。
オレは拒まれ、そして叩き伏せられた。
生まれて初めて女から屈辱を受けた。
去り行く女達の背中を見ながら
オレは誓った。
あいつらを再び探し出し絶対に屈服させてやる…!
第1章、処女なのに無理して派手な格好をしている「黒羽みつ」に集団痴漢&全身バイブ責め!第2章、男に負けたくないと気張る女格闘家「泉アリサ」を卑猥な寝技で負けを認めるまで苛め抜く!第3章、男を見下す才女「紫月マキノ」が逃げることも拒むこともできない状況を作ってねちっこく屈辱的セクハラ!第4章、強さも美しさも兼ね備えた完璧な女性「七瀬サキ」に、街頭でリモコンローターをつけての羞恥プレイ!

あたしホモだけどこの文章を女性が書いてるってすごいと思う。

ゲイがエロ漫画読んでみた結果www

無料で読めるそうなので読んでみました。実はストレート男性向けエロ漫画を読むのって初めてではないんですよ。職場ではノンケぶってるので上司にエロ漫画もらいました。

結構冷静に見ていると笑えるシーンが多いので面白く読んでいました。

さて、今回読んだのはクリムゾン先生の『クリムゾンガールズ』。全章フルバージョン。

絵に関して。

Amazonレビューにもあったのですが、同じ絵の使いまわしが多いです。ギャルゲーの立ち絵みたいに使われてたり、一枚絵の違う部分を切り取って複数のコマに使われていたり。

そういった絵以外は結構力を抜いた、白黒作画で穴埋めされています。

お話の内容なのですが、やはり勝気な女性が犯されてしまうお話。なのですが。クリムゾン先生の女性らしさが良く出ていると思います。

ネットの噂で聞いた話なんですけれども、クリムゾン先生の作品では犯されつつも女性が気持ちいいこと以外はされないそうです。『一度めちゃくちゃにされてみたい!けど痛いのは嫌!危険なのも嫌!』という女性の願望なのでしょう。

同じ男性を受け入れる身の私も良く分かりますその気持ち。女性の肉体には興味がないんですけれどもジワジワ責められる感覚がよく描写されていてそこには興奮いたしました。

そして最後のオチはそういった精神が色濃く出ていました。正直拍子抜けしたあと大爆笑した。

KindleUnlimitedではクリムゾン先生の『クリムゾンガールズ』も読める!