私が3K(キツイ、汚い、給料が安い)筆頭候補の介護職員になった理由。メリットもちゃんとあるよ!

こんにちは、行しろ(ゆきしろ)です。

私の今の本業は介護職員です。
もうかれこれ3年ほど続けています。

介護職員っていわゆる3K(きつい、汚い、給料が安い)のイメージがあるけれどまあおおむねその通りです。否定はまったくできない。
じゃあなんで介護職員になったのかと聞かれると、それもまた理由があります。

当時私は大学を中退したばかり。
何か仕事を探さないといけない、けれどバイトではしょうがないから正社員になれるところを探しなさいと親から口を酸っぱくして言われていました。
その時母から勧められたのが介護の仕事です。

簡単になれる

当時の私は大学を中退したばかりで自信を失っていました。自分は屑人間だと。
中退の理由はふつーにさぼりなのでまあその通りなんですが。

そこに飛び込んできたのがハードル低めの介護の仕事です。
学歴不問、未経験歓迎。これが文字通りなんです。
事実うちの職場には大学中退どころか高校中退も普通にいます。

介護の一番簡単な資格、「介護職員初任者研修」は最短3週間で取れます。
ハローワークの職業訓練でも取得することができます。
職業訓練は授業料が無料です。ただし期間は3か月かかり、平日はみっちり授業です。

私は職業訓練で資格を取りましたが、真面目に通っていれば何も難しいところはありませんでした。

いくつになっても、ブランクが空いてもできる。

介護の現場には50代、60代、中には70代の職員も居ます。
体力が続くかは別としてその年になっても雇ってくれる業界です。

未経験でも歓迎なくらいなので、ブランクがあっても経験があれば大歓迎。
介護の仕事の経験を積めば転職してもまた介護の戻ってくることができます。

更に資格さえとっておけば他の介護施設に移っても資格手当で経験を評価してくれます。

なので無収入にはならない人生の保険として介護の経験を積むのもいいかなと考えました。

ノルマ等がない

当時アルバイトで販売業をしていて、正社員の方はノルマだの何だの大変だなと感じていました。
そういったものがないのも私には魅力的でした。
なにせそのころは滅法自信が無かったので。

イメージが良い

当時の私はごくつぶしを脱却し、親を安心させなければいけませんでした。
そこで簡単になれる仕事の中でもイメージの良い介護の仕事です。

世のため人のために頑張っているアピールになります。
実際「介護の仕事をしています」と自己紹介すると「偉い」という風に言われることが多いです。

まとめ

まあ実際給料安いし、便の始末もするし、きつい時もある仕事ですけれども。
こういったメリットもあります。
性格に合えば楽しい仕事でもありますよ!

ほんとうに介護の仕事につくまでは簡単なので何か仕事をというときはご一考ください。