最強の割り材は「ジャスミン茶」だと思う。二日酔いにも効果アリ

居酒屋などで「ウーロンハイ」「レモンサワー」などのメニューがありますよね。

あれらは甲類焼酎と呼ばれる、クセの少ない焼酎を「烏龍茶」や「炭酸と果汁」などで割っているものです。

 

スナックなどでも焼酎を水割り、お茶割りなどにして飲みますよね。

この焼酎を割っている「烏龍茶」「炭酸」「水」などを「割り材」といいます。

 

「水」「お湯」「烏龍茶」「ソーダ」などのオーソドックスなものから、

「オレンジジュース」「午後の紅茶」「アセロラジュース」などの甘味のあるもの、

「コーヒー」「牛乳」などの変わり種まで、星の数ほどある割り材。

 

その中でも私がオススメしたいのが「ジャスミン茶」です。

ジャスミン茶の香り、苦味がお酒をまろやかにしてくれる

ジャスミン茶は茶葉にジャスミンの花の香りをつけたお茶。

今ではペットボトルでも売られ簡単に入手することができます。

 

強いジャスミンの香りが特徴で、味は他のお茶類と同じく苦味や渋みを含んでいます。

この香り、苦味がお酒の癖を隠してくれるので、ジャスミン割りはとっても飲みやすいと思うんです。

 

強い香りなので苦手な人も居るかと思いますが、飲みなれるとハマりますよ。

デトックス効果抜群!二日酔いにも効果アリ

ジャスミン茶は脂っこい中華料理と一緒に飲まれることが多いお茶。

香りで口をさっぱりとさせてくれますし、ジャスミン茶に含まれるカテキンが胃を油から保護してくれます。

なので居酒屋で揚げ物などを食べるときの相方として、ジャスミンハイがおすすめできます。

 

あと私、ジャスミン茶でお酒を割って飲んでいると、普段より酔わないんです。

なぜかと思って調べてみると、ジャスミン茶にはアルコールの吸収、作用を抑制する成分が入っていたんです。

 

それがタンニン。渋みの成分です。

 

ジャスミン茶はお酒を割るだけでなく二日酔いのときの飲み物としても優秀です。

ビタミンCがアルコールの分解を助けてくれますし、カフェインがアルコールの排出を助けてくれます。

更にタンニンがアルコールによる脱水症状を和らげてくれます。

 

ただし、空腹でジャスミン茶を飲み過ぎると胃を荒らすことがあるので注意してください。

ウイスキーやウォッカにも

お茶割りって焼酎だけのものじゃないんです。

ウイスキーやウォッカをお茶で割っても、意外とさっぱり美味しく飲めますよ。

 

ウイスキー、ウォッカのジャスミン茶割りもとてもさっぱりしていて、お酒臭さもごまかしてくれるのでおすすめです。

ただし、焼酎で作った時よりも度数が高くなりますので酔い過ぎないように注意しましょう。