ガイアメディシャンプーティートリーアンドメリッサで全身を洗ってみた

ジムへ行く時は無印の全身シャンプーを持っていく私ですが。

家でもお風呂場にボディソープやらシャンプーやらごちゃごちゃさせるより一本化したほうがいいのかな?と企み始めました。

でも全身シャンプーって髪がギシギシするんです。それが気になる。

 

全身シャンプーで毎日頭を洗っていたら髪の毛がかなりバサバサになってしまうのでは・・・

 

だったら髪がギシギシしないシャンプーで体を洗えばいいのでは?

南野陽子さんもシャンプーで体を洗うって言ってたし!

そうすればお風呂場にはシャンプー一本!買い物もシャンプー一つで済む!

 

というわけで調べて実際にシャンプーで体を洗ってみました。

シャンプーで体を洗うデメリット

シャンプーで体を洗うとどんなデメリットがあるか、ネットで調べてみました。

  • 髪をコーティングする目的で配合されたシリコンで毛穴が塞がれる
  • 洗浄力が強すぎて肌に悪い
  • 洗浄力が弱すぎる(どっちだよ)
  • 洗浄剤の皮膚刺激が強い(≒洗浄力が強すぎる)
  • 流してもヌルヌルする(シリコンのせい?)
  • 髪を保護する成分が肌に悪い

ネットの情報ですので信ぴょう性は定かではありませんが(特に洗浄力のところがひどい)このようなデメリットがあるようです。

アミノ系でノンシリコンのシャンプーならいけるのでは?

ということはですよ。

  • シリコンで毛穴が塞がれる
  • 洗浄力が強すぎる、洗浄剤の皮膚刺激が強い

この二つをクリアするノンシリコンで、低刺激なアミノ系の洗浄剤を配合したシャンプーなら問題なく使えるのでは。

その中でもシンプルなシャンプーを選べば、全身シャンプーと同じ感覚で使えるのではと思い立ちました。

 

  • 洗浄力が弱すぎる

これについては、本来お湯だけでも汚れは落ちるという美容法もあるのでよっぼど脂性でなければ無視していいかと思います。

ガイアメディシャンプーティートリーアンドメリッサで全身洗ってみた

選んだのはシャンプーのレビューサイトでも評価の高い、ガイアメディシャンプーティートリーアンドメリッサ。

ノンシリコン、アミノ系の優しい洗浄剤配合で、成分が非常にシンプルだと高評価を得ています。

シャンプーの香りとしては珍しいティーツリーとメリッサのエッセンシャルオイルが配合されていて、香りも良い上に抗菌作用もあるようです。

 

これなら髪の保護成分も少ないだろうし、ぴったりなのでは。

 

ジム後実際に洗ってみました。

 

泡立ちは弱めのシャンプーですが、量をけちらなければしっかり全身洗えるほど泡が立ちます。

泡立ちが気になるなら二度洗いしたほうがいいかも。

 

体の汚れもきれいに落ちているように思います。

ティートリーの香りがありがちなボディソープより一段上の清潔感を演出してくれます。

ただ流したあとはそれほど香りが残らないのが残念。

 

洗い上がりなのですが、やはり少しヌルヌル感が気になります。

股の間やワキなど肌が重なる部分ががヌルヌルするように感じる。

しかしメリットで間違えて体を洗ってしまった時よりはだいぶマシに思います。

 

タオルドライ後、肌はしっとりしていました。

強烈に水分、油分をとってしまうことはないようです。

 

以上、ガイアメディシャンプーティートリーアンドメリッサで体を洗ってみた感想です。

 

髪の毛はしっとりサラサラにしあがります。流石!

ガイアメディシャンプーで全身洗う生活いかがですか?

250mlで1000円前後と少し高めの値段設定ではありますが、高品質のシャンプーの中でははコスパの良いほうでもあります。

ボトルはシンプルな白、これ一本に絞ってしまってはいかがでしょうか。

非常にマイルドなシャンプーなので、短髪だったり痛みが少なければコンディショナーさえ不要です。

 

ダメなら普通にシャンプーとして使えばいいからね。