ベッド・インのおギグに初参戦してみた(8/3 渋谷CLUB QUATRO)

わんばんこ、行しろ(ゆきしろ)です。

 

バブルのオイニーを振り撒く地下セクシーアイドル、ベッド・インのおギグに行ってまいりました。
ベッド・インのライブってどんな感じか、感想を交え書こうと思います。

 

今回はベッド・イン東名阪ツアーの一発目であり、まだツアーが終了していないためセトリは記載しません。

客層

かなり女性が多い!
6割くらい女性といった感じでしょうか。

 

年齢層は20代、30代、40代がそれぞれ同じくらいいらっしゃったように思います。
ガラスの10代、50代の方も!

 

怖くない?

怖くないよ!

 

ベッド・インのお二人もトークで
「ベッド・インのおギグって怖いんじゃないかって思われるけど皆さん紳士的」
といった旨のことをおっしゃっていました。

 

盛り上がりながらも安心感のある現場だったと思います。
アリーナの後ろの方にいたのですが、前の方も激しく体をぶつけたりはしていませんでしたね。

選曲

ベッド・インオリジナル曲の他に大人の文化祭コーナーと称してバブル時代のカバー曲を演奏していました。

 

ちゃんまいは昭和アイドル曲。
今回は森高千里のカバー。
可愛らしくかつ昭和テイストむんむんで素晴らしかったです!

 

かおりさんはごりごりのロックが多いですね。
なんと今回は男装されてました。

バッグバンドのパートタイムラバーズのコーナーもありました。

実力がすごい!

まずかおりさんの圧倒的な歌唱力。
低音から高音までコンスタントに響きます。
ライブハウスだとより一層響きを感じることができます。

ちゃんまいの可愛らしい歌声は生だとより可愛らしく感じます。
線の細い声ですがよく通ります。

更に演奏中の立ち振舞いや煽り。
セクシーに振る舞ったり、激しく煽ったりと変幻自在です。

 

バブルのことは分からないけれど

私、バリバリ平成生まれなのでバブル用語には「?」でした。
そこにお二人から「パソコン通信で調べてください」と。
この一連の流れ、すごい楽しいのでは。

 

まず「わかんねー」と笑います。

おうちでパソコン通信で調べて納得します。

次の現場ではネタが分かるので嬉しい!

 

同じネタで三回楽しめます!

 

サービス精神旺盛

ベッド・インのお二人、とてもサービス精神旺盛です。

ステージ上では下ネタ、バブルネタで盛り上げ、一切かっこつけない!
ステージ上で生着替えなんて演出もあります。

チェキ会、サインお渡し会なんてものもあったのですが、そこでもファンにとっても優しい二人。
ファンのことをよくみて話しかけてくれます。

 

まとめ

ベッド・インのお二人はテレビや動画でみるより弾けていました。
生が一番輝くアーティストです。
ファンの方々も年齢層の高い方も多いためか落ち着きを感じました。

 

ちょっとでも興味をもったら行ってみるべし!